酵素を摂取する際の1日の摂取目安量はどれくらい?

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_m

最近芸能人やモデルさんの間で非常に人気のある酵素。ダイエットや健康に効果がある成分として取り上げられ、数多くの商品が販売されていますよね。

酵素は体内で消化や吸収を助けてくれる働きがあり、基礎代謝を上げて脂肪の燃焼を活発にしてくれる効果があります。野菜や果物、発酵食品などに多く含まれているものですが、普段の食事でどのくらいの量を摂る必要があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

今回は「酵素を効率よく摂るためのポイント」をいくつか紹介します。

毎日の食事だけで1日に必要な酵素を摂り入れるのは結構大変

酵素を多く含む食品には、アボガド、バナナ、りんご、マンゴー、レタス、ニンジン、セロリ、キャベツ、トマトなどがあります。その他にも、お味噌やお醤油、ヨーグルトなどの発酵食品にも多く含まれています。

厚生労働省が発表している1日に必要な量は、野菜で350g、果物で200gとなっています。数字だけ見ると一見食べることが出来そうな量に思えますが、野菜は大きなサラダボウル1杯分の量に該当します。

しかし酵素は熱や胃酸に弱いために、これだけの量を摂ったとしても体内で吸収される量はグーンと減ってしまいます。そのために必要量以上の野菜や果物を摂る必要があります。

酵素は単体では半人前、ビタミンなどを一緒に摂ると超人級の働き

そのほかに、酵素は単独ではうまく機能を働かすことができません。酵素はビタミンやミネラルと一緒に摂ることでその働きを余すことなく活躍してくれます。

また野菜や果物はたくさん摂ることで体を冷やしてしまうというデメリットもあります。冷え性は代謝を悪くするとも言われていますので、代謝を上げるために摂っている食事がかえって代謝を下げてしまう原因にもなりかねないのです。

毎日の食事から酵素を摂り入れるという事は結構大変です。しかも酵素は継続して摂ることが必要ですので、いつでも手軽に摂ることが出来る酵素サプリメントは非常にありがたい存在です。

毎日たくさんの野菜や果物を摂る必要もなく手軽に酵素を補充できるので、仕事や家事に忙しいけど健康や美容も大事という方にはぴったりかもしれません。

 酵素サプリメントを摂れば通常の食事からは摂らなくても良いということではありません。普段からバランスのとれた食事を心がけましょう。

 

コメントを残す