酵素ダイエット時にお茶やコーヒーはNG??酵素との組み合わせがダメな飲み物

fed6c271b1b17f9036167e3552814b2f_m

酵素商品を購入する大体ついてくる「酵素について」みたいな小冊子。中身を読むと、酵素ダイエット中は食茶、紅茶、コーヒーなどカフェインなどが含まれている飲み物は控えましょう的な注意書きを良く目にします。

ダイエットの中には濃い緑茶(苦味成分のタンニンが多く含まれるもの)を飲んで脂肪燃焼させるとか、コーヒーダイエットなるものまであるのになぜ酵素ダイエット中は飲んではいけないのでしょうか?

今回は「酵素とお茶などのカフェイン入り飲料との組み合わせ」について話していこうと思います。

お茶やコーヒー、紅茶に含まれるカフェインの作用について

カフェインには覚醒作用があり、眠気覚ましに飲まれる方もいらっしゃいますよね?また、カフェインには「リパーゼ」という消化酵素を活発にさせる働きもあります。リパーゼは脂肪を分解する酵素で、食後にコーヒーを飲むと体に脂肪をためにくくする効果があると言われています。

ここまでをみてみると、酵素を摂ることに関して何の弊害もなさそうな感じです。ところがカフェインは別のところで悪さをしているのです。

酵素を効率よく吸収するために必要な栄養素をカフェインが奪っていく

カフェインには鉄分の吸収を邪魔したり、亜鉛、カリウム、ビタミン、ミネラルなどの酵素の吸収を助けてくれる栄養素を消耗させてしまうという性質があります。また体内の酵素を消費してしまうということから、せっかく酵素を摂り入れたとしても十分に吸収されない可能性が出てきます。

酵素を取り入れる事で消化酵素の消費を節約して代謝能力をアップさせることが目的なのに、これでは本末転倒です。

緑茶に含まれる苦味成分(タンニン)も酵素の吸収を妨げる

カフェインの他にも緑茶などに含まれる苦味成分(タンニン)も酵素の消化吸収を妨げる作用があります。

これも飲むタイミングというものが関係してくるかと思いますが、酵素は基本的に空腹時に何かを口にする前に飲むことが基本です。食後や食間に酵素を摂ってもあまり効果がないと言われています。この場合も酵素を摂ってからだと消化酵素の消費を抑えることができるかもしれませんが、緑茶を飲んだ後に酵素を摂ったとしても体内にしっかり吸収されない可能性もありますので注意が必要です。

コーヒーを習慣にしていた人はストレスかも。そんな時はカフェインレスのものがオススメ

とはいえ、これまで毎日コーヒーやお茶を飲んでいた人にとってはかなりのストレスになるでしょう。どうしても我慢できない場合は「カフェインレス」のものを選んで飲んでみてはいかがでしょうか??

妊婦さんはカフェイン入りのものを飲んではいけないと言われており、スーパーやドラッグストアなどに置いてあるカフェインレスコーヒーやたんぽぽ茶などを飲まれています。コーヒー独特のコクみたいなものがあまり感じないので物足りなさはありますが、味は結構おいしいです。

 

今回は「酵素ダイエット」に特化して話してきましたが、酵素を摂り入れる目的はもちろんそれだけではありません。しかしカフェインなどの成分が酵素の吸収を邪魔してしまうとなれば、美容や健康を目的にしていたとしてもその効果は薄くなってしまう可能性があります。

せっかく栄養たっぷりの酵素を摂るわけですから、合わせてはいけない飲み物や食べ物などには注意して長く付き合っていきたいものです。

 

コメントを残す