健康のためにも酵素を摂取しよう!酵素が減ることによって起こる体の変化

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_m酵素は年齢を重ねるごとに徐々に減っていき、30代を過ぎたあたりからさまざまなエイジングサインが現れるようになります。
歳をとって風邪をひきやすくなったということも体内の酵素不足が原因の一つに挙げられるでしょう。
では体内の酵素が減るとどうして体の不調が増えるのでしょうか??

今回は「酵素が減ることによって起こる体の変化」について話していこうと思います。

酵素が不足するってどういうこと?

体内酵素が不足すると、消化酵素と代謝酵素のうちどちらか一方が不足するという状態になります。
通常、消化酵素が優先されるので、どうしても代謝酵素が不足しやすくなります。これに伴い基礎代謝の低下につながり、痩せにくい体を作る原因になったり、体内の老廃物の排出能力が低下して疲れやすくなったり、肌荒れやシミ、シワなどの原因につながります。

反対に、病気の時などは代謝酵素が優先的に消費されるようになり、消化酵素が不足するため消化機能が落ちてしまいます。
消化機能が落ちるという事は排泄機能の低下にもつながりますから、消化されていない物質が滞ることで便秘になったり、腸内で消化されない物質が悪玉菌のエサになって活性酸素を作り出す原因にもなり、免疫力低下にもつながります。

このように酵素と健康は密接な関係にあり、健康な体を維持するにも体内酵素を不足させないことが重要になってきます。

酵素を摂ると健康や美容に効果あり!その理由とは?

酵素を普段からしっかりと補充することで、代謝酵素の働きをアップさせることができ、自然と痩せやすい体に体質改善させることができます。
また、酵素サプリに含まれる食物酵素の力で消化酵素の消費を抑えるだけでなく、消化や吸収の手助けをしてくれるので、腸が活発になり排泄機能も正常にしてくれます。そうなると悪玉菌の増殖も抑える事ができるので活性酸素の発生も抑える事につながります。

結果的に体全体の巡りを良くしてくれるので、免疫力の向上や細胞の活性化につながり健康な体づくりができるという好循環が生まれます。
しかし普段の食生活だけでは1日に必要な酵素の摂取目標量を満たすことはなかなか難しいのが現状です。そのため、手軽にとれる酵素サプリメントなどで普段から酵素不足を補ってあげることが継続して健康を保つためには必要になります。

 

コメントを残す