30代を過ぎたら酵素サプリを摂取した方がいい?

酵素 納豆

酵素というのは、私たちが生活するうえで絶対に必要な成分です。息をしたり、身体を動かしたり、ごはんを食べて消化吸収させるのにも、酵素が働いています。

体内酵素は、大きく分けて潜在酵素食物酵素の2種類があります。

潜在酵素というのは、私たちが生まれながらに持っている酵素です。
この酵素も、消化を助ける酵素(消化酵素)、身体の代謝を助ける酵素(代謝酵素)に分かれます。

消化酵素は、食べた物を消化させて、栄養と身体に必要のないものに区別します。
代謝酵素は、免疫力、自然治癒力、新陳代謝の働きがあります。

食物酵素とは、名前の通り食べ物に含まれている酵素です。
新鮮な生の食べ物(生肉・生魚・生野菜・果物)や、発酵食品(みそ・納豆・ぬか漬け)などに含まれています。

酵素は減り続ける?!
潜在酵素を作る力には限りがあって、それは歳を重ねるごとに徐々に少なくなります。消化酵素をたくさん使うと、その分代謝酵素にあてる酵素が少なくなります。

体調が悪くなると食欲がなくなったりしますよね??これは消化酵素を出来るだけ使わずに、その分代謝酵素として使おうとするためで、自然治癒力が働いているということになります。

また、体内酵素が不足すると食べ物が十分に消化されずに未消化物として身体に残ってしまいます。
そうするとドロドロ血液になりやすくなり、病気の原因や太る原因につながります。

いつまでも健康できれいな身体を維持するためには、酵素の摂取(補充)は必要不可欠ということがいえます。

コメントを残す